excitemusic

新潟県の渓流釣り場を中心とした、フライフィッシング釣行記を紹介します。
by nffshs
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
尺ヤマメ3連発! 秋の尺ヤマ..
at 2017-09-07 12:54
今季初の富山遠征
at 2017-08-16 09:37
2016シーズン途中経過
at 2016-06-25 22:34
2015シーズンを振り返って
at 2015-10-03 17:38
2年ぶりの蒲田川
at 2015-03-20 00:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


信州安曇野の川へ

このブログ…

『新潟フライフィッシング釣行記』なんてタイトルなのに
県外釣行ネタばかりになっちゃってますよね(汗)

まぁ、今年は雪が半端じゃなく降りましたし、
今はその雪代のピーク状態、マトモなフライフィッシングなど出来る状態ではありません。
地元の上越~糸魚川の川でも、水量が少ない支流の枝沢で“チョウチン釣り”みたいなセコい釣りに徹すれば、釣れなくもありませんが…

でも、それってフライフィッシングらしくありませんもんね。せっかくのフライフィッシングなんですから、自由に竿を振って美しいループを描きたいですもんね。

勿論、勝手知った地元の渓流の釣りも楽しいですが、マッチング・ザ・ハッチを主とした僕のスタイルですと、新潟ではコカゲロウやガガンボ、ユスリカといった“春の主役”のライズの釣りは経験できません。
上越からですと、長野県はすぐ隣。下越の渓流へ行くよりも近いのですから…
雪代で思うように釣りが出来ない…なんて嘆くぐらいならば、いっそのこと信州の渓流まで足を延ばした方が断然に楽しめるわけなんです!



少し前置きが長くなりましたが、今回は弥彦町在住のエキスパート、釣友のIさんと一緒に信州安曇野の渓へ遠征してまいりました。

気温の上昇にともない、ここでも予想外の雪代に悩まされましたが…

山女魚、岩魚とコンスタントに釣れ、気付けば今期一番の釣果。
2人合わせて、15匹ぐらい釣ったてしょうか…
型はイマイチでしたが、状況を考えれば仕方ありません。

全体的には大満足の釣行となりました!

d0234342_2117449.jpg

d0234342_21184937.jpg







d0234342_2232840.jpg



d0234342_2233061.jpg


d0234342_22332975.jpg

[PR]
by nffshs | 2012-04-29 08:34
<< 5年振りに天然陸封山女魚の渓へ 第二回 千曲川遠征 >>