excitemusic

新潟県の渓流釣り場を中心とした、フライフィッシング釣行記を紹介します。
by nffshs
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
草津師匠 返信遅れ..
by nffshs at 21:29
デッドさん、無斑に見える..
by 草津の関西人 at 22:16
どんまいアングラーさん ..
by nffshs at 23:33
まさに桃源郷ですね(^_..
by どんまいアングラー at 22:54
会長 確かに下越で..
by nffshs at 00:05
1号さん、jaroさん ..
by nffshs at 00:01
imoziさん こ..
by nffshs at 23:52
この景色、魚体、、、、栃..
by jaro at 13:08
こっちのアメマスorニッ..
by nffsjj at 23:26
↑1合・・・1号の間違い..
by 1号 at 21:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2016シーズン途中経過
at 2016-06-25 22:34
2015シーズンを振り返って
at 2015-10-03 17:38
2年ぶりの蒲田川
at 2015-03-20 00:40
トラウトフェスタ 川越水上公..
at 2014-12-08 11:00
patagoniaへの想い
at 2014-11-30 00:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


昨年の東北遠征での一匹

昨年9月の秋田遠征での9寸ヤマメ。

d0234342_2052835.jpg



自分で撮った写真は、デジカメごと川に流され…(泣)

これは同行のOさんに撮って頂いたもの。

貴重な有給休暇を使って、尺ヤマメだけを釣る目的で臨んだ秋田~岩田遠征でしたが、予想だにしなかった大渇水の前に惨敗に終わりました。

今年こそリベンジしたいとこです。
[PR]
# by nffshs | 2013-02-03 20:49

解禁に向け、ウェーディングシューズを新調しました。

早いもので地元新潟県の解禁まで残り1ヶ月を切りました。
今年は、2月の長良川や千曲川釣行の計画もなく、何だかモチベーションも上がってきません。
モチベーションが上がってこないまのですから、いまいちタイイングにも力が入りません。
これではいけない…と思い、ウェーディングシューズだけでも新調してみた次第です。

今回、購入したのはこれ

d0234342_14123014.jpg



simms社のリバーシェッドブーツ、ビブラムソールタイプ。

今まで、こうしたラバーソール系のウェーディングシューズに対しては今一信頼をしていませんでした。
と言うのも、以前、リバーガイド社のアクアステルスソールを使用してまして、あまり良い印象を持っていなかったからです。
『フェルトよりも滑りやすい』と割り切って使っていたので、それなりに遡行には気を使って履いてましたから、転倒による事故には遭いませんでしたが、やはり厳しい山岳渓流が多い地元新潟の渓では、フェルトソールの出番の方が圧倒的に多かった。
また、ヌルが多い里川での釣りでもフェルトの方が絶対的に安心できますし。

しかし、ここ最近のビブラムソールの評判を聞くと、

無理をしなければフェルトに近いぐらいのグリップ力を発揮する…
フェルトソールよりも張り替えの手間が省ける…
釣り場までの長距離歩行が必要な場合は断然ビブラムソールが有利…

と、かなりの高評価であることも事実だ。

そんな声につられて、今回はビブラムソールタイプを選んだ次第です。
そして、里川のヌル対策で別売りスタッドも装着することにしました。

実際、現場で使ってみないと性能は解りませんが、フェルトソールのsimmsガイドブーツとラバー半分フェルト半分のsimms&keenのウェットウェーディングシューズの3足体制で上手に使い分けながら試すこととします。
[PR]
# by nffshs | 2013-02-02 12:00

糸魚川の渓流について

糸魚川は本州の割れ目とも言われるフォッサマグナが走っている。

不思議なもので、このフォッサマグナの通り道である姫川を境に東と西では地質に大きな違いが見られます。

東は先に書いたように、火山帯である妙高山系を源頭に持つ河川が殆どで、その影響からか地質も泥っぽく、少しの雨でも泥濁りとなってしまう河川が殆ど。
ましてや7月ぐらいまで続く雪代の影響もあり、水位が落ち着き水色が澄むのはそれ以降の渇水時期まで待たなければならにい。
年間を通して釣りを楽しむなんて気持ちにはなれません。

逆に

姫川を境に西側の河川はと言いますと
北アルプスを源頭とした清冽で美しい河川が殆ど。
姫川の左岸側の支流である大所川や小滝川、独立河川で日本海に注ぐ田海川や青海川そして富山県境の境川…
どの河川も水はジンクリアで渓相も素晴らしく僕のお気に入りのフィールドです。
但し残念なことは、青海川や田海川、境川には漁協が存在しません。
青海川と田海川に関しては、旧青海町の有志の人達『ふるさとの川を守る会』が自費と募金によって岩魚や山女魚の自主放流を行い、独自にキャッチ&リリースの看板を設置したり頑張っています。
『ふるさとの川を守る会』の中心人物で青海川、田海川のリバーキーパーであるSさんには、本当に頭が下がる思いです。

青海川や田海川は雑誌などのメディアでも度々紹介され、知る人ぞ知る釣り場であり解禁ともなると他県ナンバーの釣り人も多い。あくまでも漁協管轄の河川ではないので、キープは最小限に止めて欲しいと願うばかりです。

青海川、田海川の具体的なポイントについて書きたい気持ちは山々ですが、僕の書き込みが場荒れや乱獲の原因となるのでしたら不本意です。
同じ上越地区のフライフィッシャーの皆さんの個人ブログなどを拝見していても、僕が釣っているポイントとは大きく違っているような感じを受けます。
拝見していて少し残念なような気もしますが、それは各自それぞれの楽しみ方ですから僕が口を出すべきことではありませんし…

でも、上越のフライフィッシングシーンがもっともっと盛り上がってくれるといいんだけどなぁ~。
[PR]
# by nffshs | 2013-01-29 09:41

独り言…その2

先に書いたことが理由で、僕は頸城山系や妙高山系を源頭とする渓流群にはあまり足を運ばない。
ほんの極一部の例外はあるものの、日本有数の豪雪地帯を流れる川だけに釣期は6月後半の梅雨時期以降となるため、メインフィールドとはなり得ない。

そこで…

僕が好んで足を運ぶのは、糸魚川の姫川水系の左岸側の支流、そして青海川や隣の田海川となる。

続く
[PR]
# by nffshs | 2013-01-26 22:08

独り言…

現在、僕が住んでいる場所は新潟県の上越市。

新潟県外の人は勘違いしているケースも多いかもですが
全国的な有名フィールドの一つである魚野川水系を有する魚沼地区は上越地区ではありません。中越地区となります。
上越新幹線(上野~越後を走る)の沿線ということもあり、魚野川のある魚沼地区を上越地区と誤って解釈しているのでしょうね。

僕の住む上越地区の渓流釣り場は…

新潟県、長野県県境の妙高山系を源頭とする関川水系や日本海に流れ出る桑取川、名立川、能生川、早川、海川などの中小独立河川

頸城山系を源頭とする保倉川や柿崎川、そして信濃川の支流となる渋海川などの小河川群

そして新潟県、長野県、富山県、岐阜県にまたがる北アルプスを源頭とする姫川水系、青海川、田海川、境川などがあります。

懐深い山々と数多くの河川を擁するここ上越地区は、一見すると『渓流天国』と思われるかもしれませんが、
これは大きな間違いです。

特に頸城山系や妙高山系から流れ出る殆どの川は、その地質やスキー場ゴルフ場などの乱開発による影響で総じて水質が悪い。そして少しの雨でも大きく濁る泥川が殆ど。透明度の高いジンクリアの渓流など望めない。
おまけに、漁協管理ではあるものの、関川水系以外、実質的な漁協の活動は殆ど無いに等しい。
関川水系にしても、新潟県内の同規模河川と比較し特に魚影が濃いというわけではなく、どちらかと言えば魚影が薄い部類に入るかもしれない。

但し、中越~下越の渓流と比較し、人気が薄く釣り人が少ない。これにより魚が残っているとも言える。

続く
[PR]
# by nffshs | 2013-01-26 10:17

祝、三川フィッシングパーク再開!!…まだまだシーズンは終わらない!

先日、釣り友大先輩の やまさんから吉報を貰いました!

何と!
あの三川フィッシングパークが再開しているとのこと。

三川フィッシングパークは三年くらい前に経営不振??のために営業を止めてた。
自然河川、新谷川を利用した新潟県内では大変貴重な管理釣り場だったために、三川フィッシングパークの閉鎖は僕達地元のフライフィッシャーにとっては残念な出来事でした。

三川の魚はアベレージ25~30センチぐらいのニジマスを中心ですが、
中には50センチオーバーの大物も少なからず放されております。

この三川で最も面白いのは、
秋のマッチングザハッチの釣りが満喫できるイブニングタイムのライズゲーム

そして、50センチオーバーのニジマスに狙いを定めたニンフの釣りです。

夕方に始まるコカゲロウの集中ハッチと大型のチラカゲロウのスピナーフォールは実に面白く、シーズン中と変わらない熱いライズゲームが楽しめます。

また、日中のニンフフィッシングでは寒河江川や荒雄川にも勝るとも劣らない豪快な釣りを堪能できます。
また、“ニンフフィッシングはどうも苦手…”なんて人にとっては最高の練習場になるんではないでしょうか?

とにかく

この三川フィッシングパークは初級者から上級者まで、それぞれの目的に応じた釣り方ができる実に魅力的な管理釣り場だと思います。

県内在住のフライフィッシャーの皆さん、是非とも一度は足を運んでみてください。
[PR]
# by nffshs | 2012-10-04 11:20

東北遠征 

ついに秋田へ行ってきました。
しかし、状況は最悪、連日の猛暑と渇水

産卵を控えた魚達、とくにヤマメにとっては厳しい状況です。

今回の東北遠征の目的は、野性味溢れる美しい尺ヤマメを釣ること。
だけど、この渇水だけはどうにもならない。

d0234342_10224057.jpg



今回の遠征は遠路はるばる埼玉から、桂川のヤマメハンターのエキスパートOさん。
よく富山でご一緒させていただく名古屋のエキスパートKさん
そして、今回初めてご一緒させていただいた山形の若手名手のWさん。


d0234342_0394727.jpg



ピーカンの暑い中ではありましたが、やってくれました!
Oさん、見事な雄の尺ヤマメ。

d0234342_2313625.jpg

[PR]
# by nffshs | 2012-09-17 00:28

富山詣で、シーズンラストスパート

今シーズンも早いもので、残り僅か1ヶ月を切ってしまいました。

今シーズンは妻の手術入院があったりで、新潟の最盛期の6月~7月に殆ど釣りが出来なく、よって釣行回数も本当に少なかった。
完全なフライフィッシングジャンキーの自分としたは苦しいシーズンでした。

今シーズン、残された僅か1ヶ月にどれだけ挽回できるのだろうか?

今回は、そんな気持ちを抱きながら、6月に行けなかった富山詣でを決行しました。

雨が降らず渇水しきった状況下ですから、いくら標高の高い北アルプスといえども、苦戦を予想してましたが…

入渓し、第一投
d0234342_0214171.jpg

d0234342_026788.jpg

第一投目から、さっそく、こんなに素晴らしい鼻曲がりの38センチ大イワナが出迎えてくれました。
長いフライフィッシング経験の中でも、最初の第一投目から、こんなに立派なイワナが釣れたのは初めての経験。
本当にびっくり!




その後も…
d0234342_029765.jpg



続いて…
d0234342_0323334.jpg



更に…
d0234342_034258.jpg



同行の仲間も…
d0234342_0352650.jpg

d0234342_037181.jpg



終わってみれば、二人で尺上だけで8匹、それ以下も数えてられないぐらい…

途中からは、尺以下は完全スルーしなければ時間がなくなるぐらい…

大漁となりました!


来来週は今シーズン最大のイベント、東北遠征!
今回の富山詣では、その前哨戦として最高の形で終えることができました!

この調子でシーズンラストスパート、全力で走りつづけたいと思ってます。
[PR]
# by nffshs | 2012-09-02 00:18 | フライフィッシング

再び糸魚川の源流へ。

先々週に引き続き、再び糸魚川の巨岩の渓の源流部へ入りました。

前回はピーカン過ぎるほどの酷暑の中、大苦戦でしたが、今回はうっすら雲がかかる絶好の釣り日和。随所にライズがあり、なかなか良好のコンディションでした。

釣果は尺物三匹に加え、泣き尺が二匹、8~9寸サイズが15匹ほどと、満足できる内容でした。

恐れていたアブの襲撃も殆どなく、上流二股まで快適に釣り上がれました。

d0234342_063924.jpg
 入ってすぐに出た尺物
d0234342_081059.jpg
上の尺物の別テイク


d0234342_091843.jpg
途中のプールでライズを繰り返してた尺物


d0234342_0103245.jpg
二股手前のゴーロ帯で出た色白美形の尺物
[PR]
# by nffshs | 2012-08-19 00:04 | フライフィッシング

糸魚川の巨岩の渓へ

今日は遙々名古屋から来た釣友と一緒に、約二年振りに糸魚川の某渓流の源流部に入りました。

梅雨明けから続いている酷暑で、メジロアブの大発生も心配されましたが、一か八かの強行突破!

日の出前に登山道入口を出発し約一時間のハードな急勾配の登山、釣り場に到着したのは5時半。

タックルをセッティングし、早速釣り開始。
日がまだ、山並みに隠れているうちはイワナ達の反応も上々、瀬に入って積極的に捕食している様子。ライズも頻繁に見られました。

しかし、山間から太陽が顔を出し日差しが強くなり始めた途端に、これまでの反応の良さが嘘のような止まり大苦戦。
それらしいポイントを叩けど叩けど、全く反応しなくなりました。

そんな感じで最上流の二股少し手前でギブアップ。納竿となりました。

それでも、さすがは巨岩の渓。
心配されたメジロアブの襲撃に合うこともなく、結果的には尺物も混じり、この酷暑の中としては満足できる釣果となりました。



d0234342_22512959.jpg

8月この酷暑の中でも未だ雪渓が… 今年の豪雪の凄さがおわかり頂けるでしょう。

d0234342_2258499.jpg

今回大活躍してくれたマダムX#10

d0234342_22524660.jpg


d0234342_22535713.jpg


d0234342_22551232.jpg

本日最大の32センチ
[PR]
# by nffshs | 2012-08-04 22:25 | フライフィッシング

人生初、純血ヤマトイワナとの出会い

d0234342_5163886.jpg

d0234342_5172266.jpg

[PR]
# by nffshs | 2012-07-24 05:15 | フライフィッシング

三連休、濁流と猛暑と先行者との戦い

前回釣行より1ヶ月以上ものブランクを経て、ようやく釣行。
釣りができなかった鬱憤を晴らすべく、気合いを入れて前日夜のうちに自宅を出発。
目指すは富山県の某渓。
天気予報を確認したところ、土曜日は曇り後雨。
先行者さえいなければ、良い釣りが出来るはず…

現場到着したのが、夜中の2時半。雨こそ小降りですが、天候的には釣りは可能。
でも、灯り一つない真っ暗な闇夜の中、いつもとは違う轟轟という川の音。真夜中のため、川の状態は確認できない。嫌な予感が漂う。
缶ビールでも飲んで朝方まで仮眠。

辺りが明るくなり始めた早朝4時半、車から降りて川の状態を確認。
嫌な予感的中。川は濁流とともに大増水。とても釣りなど出来る状態ではありませんでした。

正に最悪の状態でしたが、1ヶ月以上振りの貴重な時間での釣行、しかも、はるばる富山県まで来て、ここで簡単に諦めるわけにも行きません!

こんな時に頼りになるのは、やっぱり現地に詳しいローカルフライマンです。

今回、窮地の僕を助けてくれたのは、僕の十年来の仲間であり、名古屋のフライマスターであるMさん!
彼は、僕が以前、長良川攻略の際にいろいろアドバイス、指導して下さった良き先輩であり、僕のフライフィッシングの師匠の一人でもあります。

さっそくMさんに連絡を取ったところ、わざわざ駆けつけてくれたんです!





d0234342_11505596.jpg

d0234342_1148127.jpg

d0234342_11484985.jpg

[PR]
# by nffshs | 2012-07-17 11:46