excitemusic

新潟県の渓流釣り場を中心とした、フライフィッシング釣行記を紹介します。
by nffshs
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
草津師匠 返信遅れ..
by nffshs at 21:29
デッドさん、無斑に見える..
by 草津の関西人 at 22:16
どんまいアングラーさん ..
by nffshs at 23:33
まさに桃源郷ですね(^_..
by どんまいアングラー at 22:54
会長 確かに下越で..
by nffshs at 00:05
1号さん、jaroさん ..
by nffshs at 00:01
imoziさん こ..
by nffshs at 23:52
この景色、魚体、、、、栃..
by jaro at 13:08
こっちのアメマスorニッ..
by nffsjj at 23:26
↑1合・・・1号の間違い..
by 1号 at 21:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2016シーズン途中経過
at 2016-06-25 22:34
2015シーズンを振り返って
at 2015-10-03 17:38
2年ぶりの蒲田川
at 2015-03-20 00:40
トラウトフェスタ 川越水上公..
at 2014-12-08 11:00
patagoniaへの想い
at 2014-11-30 00:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

富山で惨敗

先週のヤマメ釣りが楽しかったもんで、今週も富山の同じ川へ行ってみました。
この川、間違いなく尺ヤマメが潜んでるとの確信もあったし、
モンカゲやヒゲナガ、そして最も喰われていると思われる#14サイズの薄赤茶のヒラタのハッチとそれにともなうライズで先週以上の釣果を稼げるだろう…
特に朝一番は産卵後のモンカゲスペントスピナーを狂ったように大型ヤマメが喰いまくる…

こんな勝手な想像を抱きながら、夜中の3時に自宅を出発。

現場に到着したのが、朝の6時少し前。

車を降りて、川の様子を覗いてみると…


あれれ…

増水してる…

これといって纏まった雨も降ってないはずなのに、先週とは全く様子が違う。

対岸にすら渡れないぐらい。雪代を含んだ独特の薄濁り。

それでも、流れの緩いとこでなんとか…

とも考えてみましたが、当然ライズなんてあるはずもありません。

まぁ、時間もまだ早いし、同じ富山県でも雪代の心配がない西部の川に脚をのばすことを決断!

名古屋のKさんも、ちょうど庄川水系へ来ていることを思い出し早速連絡。現地で待ち合わせることにしました。

現地でKさんと合流したのが九時過ぎだっただろうか?

水は渇水気味。極めて透明度が高く、しかも高気温。

とりあえず、入渓地点からライズを探しながら叩き上がることに。

最初の五分で、七寸程度のヤマメが立て続けにヒット!

しかし、良かったのも最初だけ。ライズも無いし、叩けど叩けど、反応するのは木っ端ヤマメばかり。

どうにか8寸のイワナは釣れたけど、どうもイマイチ。

堰堤下の深場で、ようやく満足の手応えを感じるバイトはあったものの、痛恨の合わせ切れ。
魚の出方と瞬間のインパクトから、間違いなく尺サイズだったと思うけど、ネットインさせなければ、全く意味がありません。

続く
[PR]
by nffshs | 2013-05-27 12:50

ライズフィッシングin富山

昨日は、近場で釣ろうと考えて自宅を朝7時に自宅を出発。糸魚川へ向かいました。

途中、桑取川、名立川、能生川…

いくつかの川を通り過ぎましたが、何処の川も雪代ゴンゴン。

不安を感じながら目的の川に到着しましたが、嫌な予感が的中。やっぱり酷い雪代。

そこで計画を変更。県境を越え、一路富山県の某川を目指すことにしました。

この川も北アルプスを源頭に持ち、勿論、大量の雪代が流れてはいるのですが、農業用水確保のために大量取水が行われており、そのため中流域な関しては平水を保っています。

現場に到着したのが、お昼ちょうど。軽く昼飯を食べ、早速、川へ降りてみます。

d0234342_12511514.jpg

ご覧の通り、全く雪代の影響もなく平水を保っていました。

広い河原をライズを探しながら釣り上がっていきます。

安定して流れる流芯に優しくプレゼンテーション。そのままドラッグフリーで流していくと
d0234342_1352477.jpg

先ずは一匹。

その後も、広いプールの流れや瀬の流芯を注意しながら見ていると、

やっぱりライズしてます。
d0234342_1375363.jpg

d0234342_1392527.jpg

透明度が高い水色と白い底石を映し出しかのような、色白美人のヤマメ達が飽きない程度にフライに反応してくれます。


そしてこれが本日最大の26センチ。
d0234342_13233395.jpg


夕方4時を過ぎた頃から、何やら大型のメイフライスピナーが飛んでいるのを確認。

その正体はこれ。
d0234342_13265015.jpg

モンカロウです。

雪代で悩まされている間でも、季節は確実に変化しているんですよね~。

雪代が収束し、いよいよマッチングザハッチも本番!…なんて悠長なことは言ってられません。

6月に入れば、もうテレストリアルの出番となっちゃいます。

新潟のフライマンは本当に不利ですよね。

それはそうと、今回の釣果も最終的にはツヌケの12匹。

遠く富山県まで足を運んだかいがありました。
今シーズンになって、一度もニンフフライを出さず、一日中ドライフライで通せたのは今回の釣行が初めてです。

本当に満足できる釣りでした。
[PR]
by nffshs | 2013-05-19 12:34

ようやく盛期へ突入か…???

5月5日、今シーズンに入り4回目の釣行となる糸魚川市の釣り場。

いつもの2河川の他、今回はもう1河川の様子も確認してきました。

d0234342_2329146.jpg
いつものように、先ずはニンフで。


d0234342_23293569.jpg
このイワナ28センチ、先週釣れた魚と同じ個体か?でも今回はニンフではなく、ドライフライで掛けました!
先週ニンフで釣れたポイントと同じ場所で元気よくライズを繰り返してました!


d0234342_23302734.jpg
これは隣の河川で釣れたイワナ。流芯に近い浅瀬に出ていました。このイワナも28センチ。

d0234342_2334549.jpg

d0234342_23351311.jpg


イワナ9匹、ヤマメ1匹と、釣果もツ抜け。いよいよ本格的シーズン突入と言った感じです。

源頭の標高が低い河川や、
まだ雪代がおさまらい河川でも、途中で取水されているような区間ではドライフライで十分に行けるでしょう!

待ちに待った本格的シーズン、いよいよ到来と言った感じです。

今年もオオマダラのスーパーハッチのタイミングに遭遇できると良いのですが…
[PR]
by nffshs | 2013-05-05 23:26