excitemusic

新潟県の渓流釣り場を中心とした、フライフィッシング釣行記を紹介します。
by nffshs
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
草津師匠 返信遅れ..
by nffshs at 21:29
デッドさん、無斑に見える..
by 草津の関西人 at 22:16
どんまいアングラーさん ..
by nffshs at 23:33
まさに桃源郷ですね(^_..
by どんまいアングラー at 22:54
会長 確かに下越で..
by nffshs at 00:05
1号さん、jaroさん ..
by nffshs at 00:01
imoziさん こ..
by nffshs at 23:52
この景色、魚体、、、、栃..
by jaro at 13:08
こっちのアメマスorニッ..
by nffsjj at 23:26
↑1合・・・1号の間違い..
by 1号 at 21:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
今季初の富山遠征
at 2017-08-16 09:37
2017シーズン途中経過
at 2017-08-09 22:41
2016シーズン途中経過
at 2016-06-25 22:34
2015シーズンを振り返って
at 2015-10-03 17:38
2年ぶりの蒲田川
at 2015-03-20 00:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

憧れのスプリンググリーク初釣行!…その2

35センチのヤマメを出した後、しばらく沈黙した状態が続きました。

しかし午後4時半を過ぎた辺りから、再びライズが始まった。

今度は名手ebaさんの出番です。

ライズとの距離感を計り、流れの筋を読み、対岸バンクギリギリにリーチキャスト。

すると、派手なライズと水しぶきが上がった!

これもデカい。魚は一気に下流へ下るも、それを上手くかわしながらプレッシャーをかける。
魚の抵抗が弱まったところで素早くネットイン!

お見事!!流石はebaさん、キャスト、プレゼンテーション、ドリフト、ランディング…一連の動作が実に無駄なく格好よく決まってました。
d0234342_14853.jpg

32センチ

実に鮮やかなランディングでした。


いやぁ~、恐るべしスプリンググリークの実力。

新潟から遠路遙々来たかいがありました。
二人揃って尺上ヤマメを釣ることができ、最高の遠征となりました!

いゃ~、楽しかったです。
[PR]
by nffshs | 2013-03-18 00:53

憧れのスプリンググリーク初釣行!

今日は地元新潟を離れ、永年の憧れの某スプリンググリークへ!

狙いは勿論、尺ヤマメ。

今回の遠征に同行して頂いたのは、新潟県のフライフィッシング界のスペシャリストebaさん
ebaさんとはブログを介して知り合い、今回、初めてご一緒させて頂きました。

以前、当ブログにて、フライフィッシングの基礎そしてニンフィングの理論をプロショップパーマークの故若林社長さん(ニンフマスター1号)から教わったことについて書いたことがありましたが、
若林社長のブログ『あんさまのつぶやき』に度々、ニンフマスター2号さんという若林社長の釣友さんが登場してたんです。
実はこのニンフマスター2号さんがebaさんだったんです。
そんな素晴らしい先輩と知り合えたのも、ブログのおかげと言えるのかもしれません。

そんなebaさんとのスプリンググリーク釣行は実に楽しく充実したものとなりました。

上越高田を朝5時に出発し、現地に8時ちょうどに到着。そこで、毎度お馴染みの名古屋のKさんと合流。

先ずは、前日、前々日と尺ヤマメを合計三匹も釣り上げているヤマメハンターのOさんから頂いた情報をもとにライズポイントを数ヶ所偵察。

虫の流下はあるんですが、まだライズを誘発するには至りません。
先ずはニンフィングにて様子を探ると、第一投目でヒットしたのが35センチぐらいのニジマス!
d0234342_23214225.jpg


サイズ的に、一瞬、尺ヤマメかと思いましたが、ちょっぴり残念。

川にはコカゲロウ、小型のカディス、ストーンフライ、ガガンボ…

この時期の新潟では考えられないぐらい沢山の虫が飛び交い、もうこの時点でボルテージマックス!
気合い入りまくりです。

そして正午頃に最初のハッチのピークがやってきました!
このハッチに合わせるかのように、デカい魚がライズし始めました。

いよいよ戦闘モード!
ライズの主めがけて、TMC212Yの#16に巻いたコカゲロウイマージャーを投げる。
リーチをかけ、ダウンクロスでフライ先行。
d0234342_16285346.jpg


そして5投目ぐらいで…

バシャ!っと水面が割れました!

ずっしりとした重量感を感じると同時に猛烈な引き。下流へ一気に走る。

ティペットは7Xだけに無理は出来ない。グッと耐えていると、魚はグネグネとローリング!
d0234342_14141992.jpg


これは、きっとヤマメか……

魚を引き寄せると、鮮やかなパーマークが見える。

そして無事にネットイン。

デカい!

そして、ずっしり重い!!
d0234342_17443663.jpg
d0234342_14125157.jpg


35センチ、凄い体高のグラマラスな素晴らしいヤマメでした!


続く
[PR]
by nffshs | 2013-03-17 17:38

糸魚川解禁釣行。

本日、今シーズン初の地元釣行。

天気は強い風を伴う雪、気温も最高気温で2℃という、あんまり嬉しくない状況。
前日の高気温と雨による雪代増水も心配されましたが、実際に川を覗くとそれほどでもありませんでした。


このような状況ですからドライフライでの釣りは諦め、最初からニンフ。
狙いは下流部の緩い流れで休んでいる大型イワナです。

それらしい場所をスポット的に探りを入れて行きますが、なかなか反応が得られません。

今日は、やる気のある大型イワナはポイントに入っていないようです。

途中から大型イワナは諦め、手堅く釣れるギンケヤマメ狙いに変更。
フライサイズを少し下げ、スプリットショットを軽めに調整。

それらしきポイントを探ると…
d0234342_20374180.jpg

d0234342_20405646.jpg

こんなギンケヤマメが飽きない程度に反応してくれます。

ギンケヤマメを数匹立て続けで釣り上げましたが、それでも岩魚を諦め切れずにポイントを移動。

すると今度は、なかなかグッドな手応えが!!
もしかして良い型のヤマメが掛かったか?…と思いましたが、その正体は残念ながら
d0234342_20435535.jpg


ここは漁協管轄ではない河川なんですが、毎年秋に地元の釣り大会用にニジマスの成魚放流が行われており、今回釣れたニジマスはその残り物。
釣れてもあんまり嬉しくはありません。

普段のこの時期に岩魚が付くべきポイントには全てニジマスに占拠されてる感じで、やたらとニジマスが喰ってきます。
d0234342_20513456.jpg


そして、やっとのことで9寸サイズの岩魚を掛けたのですが、写真撮影直前に脱走(泣)

この岩魚を釣った後、風も強まり横殴りの猛吹雪となったところで納竿。

狙ってた大型イワナは不発でしたが、近い内にリベンジしたいです。

まぁ、通っているうちに必ずチャンスは
訪れることでしょう。

さて、来週は何処へ行こうかな???
[PR]
by nffshs | 2013-03-02 20:17