excitemusic

新潟県の渓流釣り場を中心とした、フライフィッシング釣行記を紹介します。
by nffshs
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
草津師匠 返信遅れ..
by nffshs at 21:29
デッドさん、無斑に見える..
by 草津の関西人 at 22:16
どんまいアングラーさん ..
by nffshs at 23:33
まさに桃源郷ですね(^_..
by どんまいアングラー at 22:54
会長 確かに下越で..
by nffshs at 00:05
1号さん、jaroさん ..
by nffshs at 00:01
imoziさん こ..
by nffshs at 23:52
この景色、魚体、、、、栃..
by jaro at 13:08
こっちのアメマスorニッ..
by nffsjj at 23:26
↑1合・・・1号の間違い..
by 1号 at 21:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
尺ヤマメ3連発! 秋の尺ヤマ..
at 2017-09-07 12:54
今季初の富山遠征
at 2017-08-16 09:37
2017シーズン途中経過
at 2017-08-09 22:41
2016シーズン途中経過
at 2016-06-25 22:34
2015シーズンを振り返って
at 2015-10-03 17:38
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

最盛期ですね!

自分が釣りに行けない代わり、友人が僕の分まで釣りまくってくれてます。

たったの昨日の1日だけでも
d0234342_1857989.jpg
d0234342_1232621.jpg

d0234342_1313949.jpg

d0234342_1321371.jpg

d0234342_1241431.jpg

こんな感じ…


このような吉報を貰うと、自分のことのように嬉しく思うのと同時に若干の焦りも…
本当は僕もこの場にいたはずなのに…

考えてみると、シーズンも残り3ヶ月ちょっとしかありません。こりや、大変だぁ!!!

でも、焦っても仕方ない、長い釣り人生、こんな年もありますよね…
[PR]
by nffshs | 2012-06-24 18:49 | Comments(0)

富山詣で

そろそろ、今年も富山詣での季節となりました。

先日、友人からの情報によると…

尺二寸を筆頭に平均9寸、一人で45匹の釣果だったそうな…
d0234342_033418.jpg


これでも、だいぶ手を抜いてたとのこと。

こんな話を聞いちゃ、自分もいてもたってもいられません。

しかし…

自分は、先月の巨岩のヤマメの谷(ブログ掲載の)以来、一度も釣りに行けてません。
妻が入院中で、シーズン最盛期だというのに釣りどころではない状態が続いてます。

来月になったら、この分を取り返すべく釣りまくりたい…

なんて思ってる今日この頃でございます。
[PR]
by nffshs | 2012-06-24 00:28 | Comments(4)

尺山女魚の渓、そしてニューロッド入魂!

昨日は、某川支流の尺山女魚の渓流へ行ってきました。
ここは、直径約3メートル位の巨岩がゴロゴロと横たわる落差の激しい山岳渓流なのですが、岩魚の他、源頭部まで山女魚が生息する珍しいタイプの渓です。
しかも、数、型とも良好で最高に美しい渓魚が釣れます。

プールでクルージング、ライズを繰り返す尺山女魚や尺岩魚を探し、サイトフィッシングで仕留める…

こんな大変エキサイティングなフライフィッシングが楽しめる貴重な渓は、なかなか無いと思います。

こんな最高の釣り場へのお供として今回持参した竿は、今春買ったばかりの黄色いグラスロッド 217P4。
この新しいロッドに入魂するには、最高のシチュエーションが整いました。

#8サイズのオオヤマカワゲラ、ブユ、オドリバエ、それに加え、少数ではあるもモンカゲロウ…
すっかり初夏の様相。

プールを覗きこむと…

岩魚や山女魚が元気よくライズを繰り返してます

d0234342_21354735.jpg

d0234342_21422078.jpg

d0234342_2146309.jpg


釣果は、写真の尺岩魚二匹と9寸山女魚を含めてツぬけ。

因みに今回同行した友人は最大35センチの岩魚を仕留めました。
d0234342_515468.jpg




途中、
狡猾な尺山女魚を相手に手を変え品を変え…
一時間半ぐらい粘ったけど、結局、そいつは取れませんでした(泣)


そして、そして

今回の主役であるグラスロッド 217P4 やはり噂通り素晴らしい竿でした。

一般的なグラスロッドには無い繊細さ、しかしながら充分なパワーも兼ね備えており、特に中~長距離におけるキャスティングの快適さは特筆すべき点。
ラインスピードを上げても、一般的なグラスロッドに見られるようなモタつき感はありません。また、ライン操作性も素晴らしくロールキャストだけでも15メートル以上は楽に投げれましたし、全長16ftのリーダーシステムも難なく使えました。
ラインを通さない素振りの段階では、もう少しトルクが強く大味なイメージでしたが、良い意味で予想を裏切ってくれるものでした。
やはり、超一流の職人が作るロッドは違いますね。

無事に魂も入魂できましたし、今年のメインロッドとして大活躍してくれることでしょう!
[PR]
by nffshs | 2012-06-02 21:33 | Comments(6)