excitemusic

新潟県の渓流釣り場を中心とした、フライフィッシング釣行記を紹介します。
by nffshs
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
草津師匠 返信遅れ..
by nffshs at 21:29
デッドさん、無斑に見える..
by 草津の関西人 at 22:16
どんまいアングラーさん ..
by nffshs at 23:33
まさに桃源郷ですね(^_..
by どんまいアングラー at 22:54
会長 確かに下越で..
by nffshs at 00:05
1号さん、jaroさん ..
by nffshs at 00:01
imoziさん こ..
by nffshs at 23:52
この景色、魚体、、、、栃..
by jaro at 13:08
こっちのアメマスorニッ..
by nffsjj at 23:26
↑1合・・・1号の間違い..
by 1号 at 21:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2016シーズン途中経過
at 2016-06-25 22:34
2015シーズンを振り返って
at 2015-10-03 17:38
2年ぶりの蒲田川
at 2015-03-20 00:40
トラウトフェスタ 川越水上公..
at 2014-12-08 11:00
patagoniaへの想い
at 2014-11-30 00:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

下越の某渓で釣れた37cm

d0234342_9544224.jpg


最初に断っておきますが、この写真は先日、友人のIさんが釣った岩魚です。

場所は新潟県下越に住むフライフィッシャーの皆さんなら誰でも知っているお馴染みの渓流。

友人Iさんは、複数の有名プロとも交流があり、当然、技術の方もアマチュアの中ではトップクラス、卓越したものを持ってますし、東北~関東~中部圏まで釣り場に精通し豊富な経験を持つフライフィッシャー。僕も学ばせて貰うことが多いです。

つい先日、彼に、某渓のポイントを教えたら、早速、尺上を二匹も釣り上げたとのこと。
更に驚いたのは、つい2日前に、同ポイントの少し下流で、写真の37センチを釣ったとのこと。

本当にビックリしました。

ここは、昔は素晴らしい釣り場だったのですが、度重なる工事によって、すっかり浅くなってしまい。それからは完全にノーマークだった区間。

この川については精通していたつもりでしたが、“灯台下暗し”とはこのこと…

あらためて、この川のポテンシャルの高さと、Iさんの“勘”と実際に釣り上げた技術に、感心しているところです。


という訳で、今年は暫く疎遠になっていたり、ダメだと諦めていた釣り場を見直し、積極的に再探釣してみよう…と感じている次第です。
[PR]
by nffshs | 2012-05-26 09:52

下越の小渓にて

先週、下見してきた新潟下越の渓へ。

今年は豪雪の影響で、例年に比べ概ね二週間ぐらいはシーズンが遅れているように感じてましたが、
ここにきて低山帯の河川は、ようやく雪代も完全に落ち付き、水量はほぼ平水。
各プールでは、散発的ながらも元気にライズするイワナ達の姿が見られるようになりました。
ようやく、本格シーズン到来と言った感じです。

今日は下越地区の小渓流に入りましたが、今シーズン初の“つ抜け”

d0234342_22522138.jpg

d0234342_0521330.jpg




そして…
d0234342_22574579.jpg


さらに、プールでクルージングしている良型をサイトフィッシングで…
d0234342_22583560.jpg


尺物も混じり、結果的には良い釣りが出来ました!
[PR]
by nffshs | 2012-05-20 19:48

糸魚川の渓流へ

6日、現在のホームリバーでもある糸魚川の釣り場を回ってきました。

雨の影響で雪代が一気に進み、どこを見ても増水濁り状態。

唯一、支流のチョロ川だけは釣りが出来る状態ではありましたが、あまり気乗りがせず…
竿も出しませんでした。

途中、そのチョロ川で頑張ってた地元フライマン二人組がいたので、声をかけてみましたが…
案の定、反応は渋いとのこと。
まぁ、予想通りといったとこでしょうか…

しかし
雪代の流れもピークを越え、後半~終盤の水色になってきたことも確かではありました。
今年のドライ開幕は6月からか?と考えてましたが、
最近の急激な気温上昇と大雨で、残雪も相当量が溶け出しており、
この感じですと一部の早い川では、いよいよ来週ぐらいからドライで楽しめそうな感じです。

この雪代の引き際こそ、一発大物の大チャンス。

正直、今まで地元の河川は、ほとんど無視してきましたが、これからは目が離せません。
完全“ロックイン”状態。
いよいよ楽しくなってきました!
[PR]
by nffshs | 2012-05-07 13:42

5年振りに天然陸封山女魚の渓へ

d0234342_21145888.jpg

d0234342_21103249.jpg

d0234342_21113767.jpg

d0234342_2112382.jpg


ようやく新潟県内ネタです。

釣友のIさんから好釣果の情報を頂き、約5年振りにこの地に足を運びました。
ここは漁協の管轄河川ではなく、それ故に放流とは一切無縁の地域固有の山女魚が生息しています。
ここの山女魚は、青森県のスギノコと並び、全国的にも珍しい完全陸封型である…と言われており、大変貴重な存在として認識されてます。

以前、まだ自分が下越在住の時には、nffs会長(いちじく王子)とともに頻繁に足を運び、また新潟県渓流評議会主催の発眼卵放流活動に参加したり…
とにかく、思い入れの強い川なんです。

しかし、近年の天候不順、ゲリラ豪雨などの影響からか年々、砂の堆積が進み、山女魚の付き場である深場が消え…
かつ、漁協管轄外ということもあり、オフシーズン中の密漁が後を絶たず…
本来、この地域にはいないはずの岩魚の勢力拡大(移植種ではあるが、とても綺麗な岩魚で心境は複雑…)

釣りに行く度に何とも言えない悲しさを感じ、いつの間にか暫く足が遠退いておりました。
でも、今回、久しぶりにこの渓で竿を振り、過去の思い出が走馬灯のように蘇りました。

今回の釣行は生憎の雨。水量も多く大苦戦。魚の意識も上を向いておらず、Iさんの情報通りドライでバシバシ…という感じではありませんでしたが、それでも随所で反応が見られ、写真の8寸サイズを筆頭にまずまずの釣果。
結果的には楽しい釣りとなりました。

途中、倒木によってせき止められたプールに定位する尺クラス?の大物をサイトニンフィングで掛けたのですが…
倒木の下に潜られてしまいバラしちゃいました(泣)
帰りに、そこを再度確認すると、また定位していました。

近いうちに、リベンジを果たすべく再釣行の予定です。
[PR]
by nffshs | 2012-05-04 21:08