excitemusic

新潟県の渓流釣り場を中心とした、フライフィッシング釣行記を紹介します。
by nffshs
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
草津師匠 返信遅れ..
by nffshs at 21:29
デッドさん、無斑に見える..
by 草津の関西人 at 22:16
どんまいアングラーさん ..
by nffshs at 23:33
まさに桃源郷ですね(^_..
by どんまいアングラー at 22:54
会長 確かに下越で..
by nffshs at 00:05
1号さん、jaroさん ..
by nffshs at 00:01
imoziさん こ..
by nffshs at 23:52
この景色、魚体、、、、栃..
by jaro at 13:08
こっちのアメマスorニッ..
by nffsjj at 23:26
↑1合・・・1号の間違い..
by 1号 at 21:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2016シーズン途中経過
at 2016-06-25 22:34
2015シーズンを振り返って
at 2015-10-03 17:38
2年ぶりの蒲田川
at 2015-03-20 00:40
トラウトフェスタ 川越水上公..
at 2014-12-08 11:00
patagoniaへの想い
at 2014-11-30 00:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新潟のニンフフィッシング…その4

ニンフフィッシングにはどんなタックル&システムが必要か?

これは本格的にニンフフィッシングを行う際、とても重要な部分。

先ずはロッド。

“今日は徹底的にニンフをやるぞ!”なんて時は#4ロッドを使います。
先にも書きましたが、やはり、しっかりと沈めることを考えると、それなりの重さのショットとフライを使わなければなりません。また、それに伴い、大きめのインジケーターが必要となります。即ち#3ロッドでは非力です。国産だったら#4~#5、パワーのある外国製でしたら#4ぐらいがちょうど良いぐらいかな。

more
[PR]
by nffshs | 2011-12-03 23:55

新潟のニンフフィッシング…その3

増水時や魚の活性があまり高くない時こそ底層に魚が付いてて、そんな場所をピンポイントで効率よく探れることこそ、ニンフフィッシングの最大の利点です。

雑誌や入門書で紹介されてる所謂“ルースニング”では、こういう芸当は出来ないと思います。

ニンフフィッシングで、いまいち釣果が上がらない人の大半は、多かれ少なかれマーカーニンフィングとルースニングを混同しているんじゃないか?…と思います。
[PR]
by nffshs | 2011-12-03 09:48

新潟のニンフフィッシング…その2

“ニンフフィッシングと言えば、一般的にアウトリガーとルースニングの二種類に大別できる"
とするのが一般的に言われていることなんですが…

実はこの言葉が、ニンフィングを遠ざける原因になっていると思うんです。

海外、特にアメリカやニュージーランドでは“ルースニング”なんて言葉は使われません。
これは、日本の里見栄正さんが作った和製英語であり、釣り方自体は里見さんや岩井さんが考案し発展させたもの。
つまり、岩井さん達が提唱し一般化させたロングリーダーの釣りのニンフ版みたいなものなんです。
つまり、アメリカやニュージーランドで行われている“マーカーニンフィング”とは似て非なるものなんです。

勿論、ルースニングも岩井さんや里見さんが提唱するロングリーダーの釣りが完璧にこなせるフライフィッシャーならば、その効果は絶大なものなのかもしれませんが

普段、ドライフライのリーダーシステムが16ft以下の一般的なフライフィッシャーには向かない釣法であるし、使い勝手が悪すぎる上、様々なシチュエーションには対応できないシステムであることは間違いありません。

more
[PR]
by nffshs | 2011-12-02 18:36