excitemusic

新潟県の渓流釣り場を中心とした、フライフィッシング釣行記を紹介します。
by nffshs
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
草津師匠 返信遅れ..
by nffshs at 21:29
デッドさん、無斑に見える..
by 草津の関西人 at 22:16
どんまいアングラーさん ..
by nffshs at 23:33
まさに桃源郷ですね(^_..
by どんまいアングラー at 22:54
会長 確かに下越で..
by nffshs at 00:05
1号さん、jaroさん ..
by nffshs at 00:01
imoziさん こ..
by nffshs at 23:52
この景色、魚体、、、、栃..
by jaro at 13:08
こっちのアメマスorニッ..
by nffsjj at 23:26
↑1合・・・1号の間違い..
by 1号 at 21:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2016シーズン途中経過
at 2016-06-25 22:34
2015シーズンを振り返って
at 2015-10-03 17:38
2年ぶりの蒲田川
at 2015-03-20 00:40
トラウトフェスタ 川越水上公..
at 2014-12-08 11:00
patagoniaへの想い
at 2014-11-30 00:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


patagoniaへの想い

先日、フィルソンのアラスカンガイドシャツを買った。
d0234342_051368.jpg


釣り用に、以前から欲しかったシャツだったんだけど、たまたま近くのショップで半額だったから、迷わずゲットした。
最近は、この手のオーセンティックなウエアに惹かれてしまう。

自分は二十年来のパタゴニアファンで、釣り用のウエアに関しては殆ど全てパタゴニア製品を使ってた。
勿論、今現在もパタゴニアは好きなんだけど、パタゴニア製品を使うユーザーについては、今と昔では大違いのような気がする。
僕がパタゴニア製品を使ってきた理由は、最高の品質と機能を持った道具だと信じ、そんな最高の製品を使う以上、自分も相応の技術や経験を身につけなければならない。未熟な経験、大した技量もない人はパタゴニアなんて着るものではなく、むしろ格好悪いものだ…と自分に言い聞かせる目的もあった。
パタゴニアを使ってる人の多くは、その道のスペシャリストというか、そんな感じに思えたし、実際、僕の周りのパタゴニアユーザーにはそんな人が多かったような気がした。
当時のフライフィッシャーの多くが、岩井さんや沢田さんみたいな格好だったし、パタゴニアを着ているフライフィッシャーは極々少数派で、人気は低かった。
パタゴニアだけではなく、僕が愛用するシムス製品、スコットロッドにしてもそうだった。ウェーダーといえば、国産メーカー。ロッドもアイズスリーとかが全盛だった。

しかし先日、ショップでパタゴニアのウエアを買おうとしていた若い人と店員さんの間で交わされてた話を聞いてて、少し悲しくなった。

店員「お客さんは、何かアウトドアやってられるんですか?」

若者「ほとんどやりません。だけど、今度、キャンプをやッてみたいと思ってます。」

単に、キャンプをやるぐらいなら、パタゴニアでなくとも十分なのに…
スペシャリストとは言わなくとも、一定レベル以上の経験や技量を持ってほしい。
向上心や探求心を持って自然と触れ合ってほしい。

まぁ、そんなこと、人それぞれ自由だし、僕がとやかく言うべきではないことはわかっているけど…

でも、今の僕にはパタゴニアに対する何か尊敬の念みたいなものが薄れつつあるのは確かだ。



d0234342_0442912.jpg

[PR]
by nffshs | 2014-11-30 00:39 | フライフィッシング
<< トラウトフェスタ 川越水上公園... 今年二回目の会津大川C&R区間釣行 >>