excitemusic

新潟県の渓流釣り場を中心とした、フライフィッシング釣行記を紹介します。
by nffshs
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
草津師匠 返信遅れ..
by nffshs at 21:29
デッドさん、無斑に見える..
by 草津の関西人 at 22:16
どんまいアングラーさん ..
by nffshs at 23:33
まさに桃源郷ですね(^_..
by どんまいアングラー at 22:54
会長 確かに下越で..
by nffshs at 00:05
1号さん、jaroさん ..
by nffshs at 00:01
imoziさん こ..
by nffshs at 23:52
この景色、魚体、、、、栃..
by jaro at 13:08
こっちのアメマスorニッ..
by nffsjj at 23:26
↑1合・・・1号の間違い..
by 1号 at 21:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
尺ヤマメ3連発! 秋の尺ヤマ..
at 2017-09-07 12:54
今季初の富山遠征
at 2017-08-16 09:37
2017シーズン途中経過
at 2017-08-09 22:41
2016シーズン途中経過
at 2016-06-25 22:34
2015シーズンを振り返って
at 2015-10-03 17:38
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


新潟県内に存在する謎のブルックトウト生息地!

ブルックトラウトと言えば、日光の戦場ヶ原を流れる湯川が有名ですが…

実は新潟県内にもブルックトラウトの生息地があります。

僕自身もその存在は噂話程度で知ってはいたのですが、実際に見たこともなく、その実態につきましては殆ど知りませんでした。そんなブルックトラウトの生息地について、ニンフマスター二号ことeba師匠より詳細な情報を頂きました。

7月某日、NFFS(新潟フライフィッシング友の会 会員数3名)のJ会長ご夫婦とともに、イワナ釣りに行った帰りに、このブルックトラウトの生息地に立ち寄り、実釣調査を行いました。

現場は、こんなとこにトラウトが生息してるの?なんて目を疑うような場所なんですが、ライズがバシバシ!

d0234342_12424747.jpg


試しに、J会長がフライを投入すると、あっさり!いとも簡単に食ってきた!
d0234342_12443085.jpg

イワナにとても良く似た魚体なのですが、イワナには見られないカラフルな斑点と唐草模様の入った背鰭。これは紛れもなくブルックトラウト!
d0234342_1955411.jpgこの写真はJ会長が撮影したものですが、このような色鮮やかなブルックがほぼ入れ食い状態でした!
[PR]
by nffshs | 2014-10-08 12:20 | フライフィッシング | Comments(0)
<< 会津大川キャッチ&リリース区間 新潟県内、最後の桃源郷へ今シー... >>