excitemusic

新潟県の渓流釣り場を中心とした、フライフィッシング釣行記を紹介します。
by nffshs
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
草津師匠 返信遅れ..
by nffshs at 21:29
デッドさん、無斑に見える..
by 草津の関西人 at 22:16
どんまいアングラーさん ..
by nffshs at 23:33
まさに桃源郷ですね(^_..
by どんまいアングラー at 22:54
会長 確かに下越で..
by nffshs at 00:05
1号さん、jaroさん ..
by nffshs at 00:01
imoziさん こ..
by nffshs at 23:52
この景色、魚体、、、、栃..
by jaro at 13:08
こっちのアメマスorニッ..
by nffsjj at 23:26
↑1合・・・1号の間違い..
by 1号 at 21:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
尺ヤマメ3連発! 秋の尺ヤマ..
at 2017-09-07 12:54
今季初の富山遠征
at 2017-08-16 09:37
2017シーズン途中経過
at 2017-08-09 22:41
2016シーズン途中経過
at 2016-06-25 22:34
2015シーズンを振り返って
at 2015-10-03 17:38
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


やっぱり地元の釣りもいいもんだ。

今日は約1ヶ月半ぶりに糸魚川の渓へ行ってみました。

今年に入って、地元での釣行は今回が二回目。
例年ですと今頃はどこの川も雪代がピーク。今回は釣るというよりも、むしろ情報収集が主な目的…

のはずだったのですが……


午前10時にebaさん http://et7211007.blog.fc2.com/ と合流し目的の川に到着。
一昨日、昨日と気温が低かったこともあり、心配だった雪代もさほど気にならない程度。むしろニンフィングには丁度いいぐらいの水量。
d0234342_15453170.jpg



タックルをセットして早速入渓。

イワナが付いていそうな深みを丁寧に探って行きます。

すると…

d0234342_20111361.jpg

先ずは、こんなイワナが…


更にイワナの付き場を探っていきます。
d0234342_20151367.jpg


丹念にニンフで探りを入れるebaさん


ebaさんが根掛かりでフライをロストしたところで交代。


そしてそして…

しっかりとした底石が入った深場をアウトリガー気味にゆっくり流すと…
d0234342_20125567.jpg

d0234342_20171383.jpg

雪国の激流に磨かれ、尾鰭が立派に発達した素晴らしいイワナ37センチ!!

いや~満足満足!

そして更に同じポイントを流すと、またまたヒット!

今ほどのイワナと同サイズぐらいだろうか?ググッと大きな手応え!

しかし、その瞬間…

今度はバレてしまいました(泣) 贅沢は言えませんね。



最近は地元を離れて県外への遠征ばかりでしたが、こういう立派なイワナに会えることが地元釣行の楽しみなんですよね!

おおらかなドライフライの釣りが楽しめるようになるには、まだまだ後1ヶ月ぐらい先になりそうですが、
なんだか今年は期待が持てそうです!
[PR]
by nffshs | 2013-04-20 19:57 | フライフィッシング | Comments(6)
Commented by masaおやじ at 2013-04-21 19:41 x
こんにちは
糸魚川ですか行ったことないですが 噂では
こんな凄いの釣れるんですか 後一ヶ月もしたらもっとサイズアップですね いいないいな こちら近くの川ではネットの目からこぼれそうな奴ばかりです 少し足伸ばして長良川の戻りシラメにでも行ってみようかな???
Commented by nffshs at 2013-04-21 19:59
masaおやじさん、こんばんわ。

確かに糸魚川はこういうイワナが釣れるんですが、なにせ豪雪地帯なので例年今頃の季節は雪代との戦いとなります。
当然、ドライフライは使えません。ウエイトをたっぷり仕込んだニンフで底を這わすような釣り方になっちゃいます。
雪代が明けるのが概ね5月後半となります。ここからが糸魚川、新潟県全般のハイシーズンとなります。
でも、雪の多い年や標高の高い場所では6月半ばにならないとドライフライの釣りが成立しないこともあります。

だからこそ型の良いイワナが守られているのかもしれません。

長良川の戻りシラメの釣り…
羨ましいですね~!
2月のシラメ釣りには足を運ぶこともありますが、戻りシラメの釣りはまだ経験したことがありません。

是非ともチャレンジしてみたいです。

Commented by どんまいアングラー at 2013-04-22 21:26 x
何という素晴らしいヒレピンの岩魚でしょう!
今年は新潟の渓流まで足を伸ばしてみようかな?(;^_^A

私の実家の北海道でも今年は雪が多く、しばらく雪代が続くのでは
ないかとのことでした。

ドライシーズンが待ち切れませんね(⌒-⌒; )
Commented by nffshs at 2013-04-22 23:01
どんまいアングラーさん

本当、おおらかなドライフライの釣りが出来る季節が待ち遠しいですね!

どんまいさんのご実家の北海道も今年は凄い降雪量でしたもんね。

その点、僕が住んでいる上越市近郊は例年より降雪量は少なめ。いつもより少し早くハイシーズンに突入できるかもしれません。

新潟県は雪代の他、田植えのための河川からの取水で川の水量が一気に減り、これで川の水温が上昇し水棲昆虫の動きも活発化します。

6月に入れば標高の高い山岳渓の釣りも可能となり、美しい尺超イワナが釣れる確率も高まります。
もし、こちらにおこしできる機会があれば、喜んでガイド致します。

ぜひとも雪国の激流に磨かれた美しいイワナ達に会いにきてくださいね!
Commented by どんまいアングラー at 2013-04-23 08:39 x
地域の土地柄、環境によって水量も変わるのですね。
水田に水を引くために大量の川の水が使われ、それが、引き金で
水温が上昇するなんて地元の方でなければわかりませんよね。ー

毎年、この時期は頻繁に釣り場に足を運んでいるのですが、
今年は妻が脊髄空洞症という難病指定の病で手術、入院とバタバタで、
なかなか釣行できない状況ですが、新潟にお伺いする際には
ぜひご連絡させて下さい。
Commented by nffshs at 2013-04-23 21:24
どんまいアングラーさん

奥様の病気、それは大変ですね。こういう時こそ家族の協力が必要でしょうし、奥様の支えになってあげてくださいね。

実は僕も昨年、妻の入院手術で新潟のベストシーズン6月まるまる1ヶ月間釣りに行けませんでした。

奥様の体調が良くなりましたら、いつでもお声掛けくださいね。

<< いよいよ雪代も終盤か… 爆弾低気圧と尺イワナ…その2 >>