excitemusic

新潟県の渓流釣り場を中心とした、フライフィッシング釣行記を紹介します。
by nffshs
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
草津師匠 返信遅れ..
by nffshs at 21:29
デッドさん、無斑に見える..
by 草津の関西人 at 22:16
どんまいアングラーさん ..
by nffshs at 23:33
まさに桃源郷ですね(^_..
by どんまいアングラー at 22:54
会長 確かに下越で..
by nffshs at 00:05
1号さん、jaroさん ..
by nffshs at 00:01
imoziさん こ..
by nffshs at 23:52
この景色、魚体、、、、栃..
by jaro at 13:08
こっちのアメマスorニッ..
by nffsjj at 23:26
↑1合・・・1号の間違い..
by 1号 at 21:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2016シーズン途中経過
at 2016-06-25 22:34
2015シーズンを振り返って
at 2015-10-03 17:38
2年ぶりの蒲田川
at 2015-03-20 00:40
トラウトフェスタ 川越水上公..
at 2014-12-08 11:00
patagoniaへの想い
at 2014-11-30 00:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


糸魚川の巨岩の渓へ

今日は遙々名古屋から来た釣友と一緒に、約二年振りに糸魚川の某渓流の源流部に入りました。

梅雨明けから続いている酷暑で、メジロアブの大発生も心配されましたが、一か八かの強行突破!

日の出前に登山道入口を出発し約一時間のハードな急勾配の登山、釣り場に到着したのは5時半。

タックルをセッティングし、早速釣り開始。
日がまだ、山並みに隠れているうちはイワナ達の反応も上々、瀬に入って積極的に捕食している様子。ライズも頻繁に見られました。

しかし、山間から太陽が顔を出し日差しが強くなり始めた途端に、これまでの反応の良さが嘘のような止まり大苦戦。
それらしいポイントを叩けど叩けど、全く反応しなくなりました。

そんな感じで最上流の二股少し手前でギブアップ。納竿となりました。

それでも、さすがは巨岩の渓。
心配されたメジロアブの襲撃に合うこともなく、結果的には尺物も混じり、この酷暑の中としては満足できる釣果となりました。



d0234342_22512959.jpg

8月この酷暑の中でも未だ雪渓が… 今年の豪雪の凄さがおわかり頂けるでしょう。

d0234342_2258499.jpg

今回大活躍してくれたマダムX#10

d0234342_22524660.jpg


d0234342_22535713.jpg


d0234342_22551232.jpg

本日最大の32センチ
[PR]
by nffshs | 2012-08-04 22:25 | フライフィッシング
<< 再び糸魚川の源流へ。 人生初、純血ヤマトイワナとの出会い >>