excitemusic

新潟県の渓流釣り場を中心とした、フライフィッシング釣行記を紹介します。
by nffshs
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
草津師匠 返信遅れ..
by nffshs at 21:29
デッドさん、無斑に見える..
by 草津の関西人 at 22:16
どんまいアングラーさん ..
by nffshs at 23:33
まさに桃源郷ですね(^_..
by どんまいアングラー at 22:54
会長 確かに下越で..
by nffshs at 00:05
1号さん、jaroさん ..
by nffshs at 00:01
imoziさん こ..
by nffshs at 23:52
この景色、魚体、、、、栃..
by jaro at 13:08
こっちのアメマスorニッ..
by nffsjj at 23:26
↑1合・・・1号の間違い..
by 1号 at 21:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
今季初の富山遠征
at 2017-08-16 09:37
2017シーズン途中経過
at 2017-08-09 22:41
2016シーズン途中経過
at 2016-06-25 22:34
2015シーズンを振り返って
at 2015-10-03 17:38
2年ぶりの蒲田川
at 2015-03-20 00:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第二回 千曲川遠征

千曲川、軽井沢湯川へは3月に一度、足を運んでいましたが、その時は雨の影響で本支流ともに泥濁り増水。
辛うじて、北相木だけが釣りが出来た状況で、釣果も写真を撮るまでもない20センチぐらいの小さな岩魚一匹のみという散々な結果でした。

そのリベンジとして臨んだ今回も前日の雨の影響で、またまた増水。
メインとして考えていた湯川は全く駄目。
支流からの影響が少ない上流部の川上まで車を走らせる。
d0234342_9411968.jpg


川上も増水気味で笹濁りではあったが、なんとかなりそうな感じ。ライズタイムまで、ライズを探しながらの叩き上がることにした。

コカゲ、ユスリカ、ガガンボ、シマトビ…と複数の種類の虫が出てはいるが、ライズを誘発するほど多くはない。

暫く、無反応状態が続く

上流へ移動しながら、堰堤下のポイントでようやくライズに遭遇。
そのままフライも変えずにキャストし、適当にドリフトさせると…
あっけなく一発で食ってきました。
d0234342_943344.jpg

d0234342_943429.jpg


ギリギリ、尺って感じの放流山女魚。


その後、とくにライズも起こらず…
写真に撮るまでもない小型の山女魚と岩魚を合計三匹追加。

夕方は、水がひくのを期待しながら、湯川へ戻りましたが、まだ早かった感じ。
当然、イブニングライズも起こらず、納竿。
[PR]
by nffshs | 2012-04-16 09:40 | フライフィッシング
<< 信州安曇野の川へ 新たな相棒 >>