excitemusic

新潟県の渓流釣り場を中心とした、フライフィッシング釣行記を紹介します。
by nffshs
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
草津師匠 返信遅れ..
by nffshs at 21:29
デッドさん、無斑に見える..
by 草津の関西人 at 22:16
どんまいアングラーさん ..
by nffshs at 23:33
まさに桃源郷ですね(^_..
by どんまいアングラー at 22:54
会長 確かに下越で..
by nffshs at 00:05
1号さん、jaroさん ..
by nffshs at 00:01
imoziさん こ..
by nffshs at 23:52
この景色、魚体、、、、栃..
by jaro at 13:08
こっちのアメマスorニッ..
by nffsjj at 23:26
↑1合・・・1号の間違い..
by 1号 at 21:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2016シーズン途中経過
at 2016-06-25 22:34
2015シーズンを振り返って
at 2015-10-03 17:38
2年ぶりの蒲田川
at 2015-03-20 00:40
トラウトフェスタ 川越水上公..
at 2014-12-08 11:00
patagoniaへの想い
at 2014-11-30 00:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


海に降る岩魚の謎…

新潟県では海に降る岩魚が存在する。

北海道や東北北部には、エゾイワナ系の岩魚つまりアメマスが生息していますが

新潟県に存在する海に降る岩魚はニッコウイワナ系の岩魚である。

このニッコウイワナ系の降海型岩魚が釣れるのは、北は山形県の温海付近から南は富山県の北部、そして佐渡島なんかにも沢山生息している…いや、僕が知らないだけで、まだまだ違う地域にも存在しているのかもしれません。



以前から

一部雑誌などでは、これらをアメマスとして取り上げられていたこともあったし…

学術書なんかを読んでみても、佐渡島はアメマス系岩魚の生息域…なんて書いてあった。

実際、明らかに海から遡上してきた?と思われる河口付近で釣れた大型の岩魚を見ても、ニッコウイワナ系の特徴である赤黄色斑点は見られない。これだけで判断しちゃうと、アメマス系イワナと間違えてしまう。

しかし…
[PR]
by nffshs | 2012-01-29 12:59
<< 海に降る岩魚の謎…その2 新潟県の渓流解禁 >>