excitemusic

新潟県の渓流釣り場を中心とした、フライフィッシング釣行記を紹介します。
by nffshs
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
草津師匠 返信遅れ..
by nffshs at 21:29
デッドさん、無斑に見える..
by 草津の関西人 at 22:16
どんまいアングラーさん ..
by nffshs at 23:33
まさに桃源郷ですね(^_..
by どんまいアングラー at 22:54
会長 確かに下越で..
by nffshs at 00:05
1号さん、jaroさん ..
by nffshs at 00:01
imoziさん こ..
by nffshs at 23:52
この景色、魚体、、、、栃..
by jaro at 13:08
こっちのアメマスorニッ..
by nffsjj at 23:26
↑1合・・・1号の間違い..
by 1号 at 21:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2016シーズン途中経過
at 2016-06-25 22:34
2015シーズンを振り返って
at 2015-10-03 17:38
2年ぶりの蒲田川
at 2015-03-20 00:40
トラウトフェスタ 川越水上公..
at 2014-12-08 11:00
patagoniaへの想い
at 2014-11-30 00:39
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


新潟県で釣れるアマゴの存在…

d0234342_14264310.jpg


アマゴと言えば…

静岡県より西側、いわゆる西日本に生息するのが普通なんですが…

僕の住む新潟県でも、アマゴが釣れる渓流が存在することは、新潟県のフライフィッシャー達の間でも、あまり知られてないかもしれません。
阿賀野川水系の某川には大変美しいアマゴが棲んでおります。
今から約20以上前に漁協によって誤放流されたアマゴが完全に定着。自然繁殖を繰り返し世代交代しているのです。

完全に野生化したアマゴ達は大変に美しく、また、フライフィッシングのターゲットとしても、とても面白い存在です。

このアマゴが棲む川、5月初旬ぐらいから雪代が落ち着き始め、5月後半、田んぼに水が引かれるのと同時に一気に水嵩が落ちます。
これによって、水温が急上昇。水棲昆虫とそれを餌にする渓魚達の活性が高まります。

この川の某場所は、ライズが頻繁に見られる一級のポイント。
このポイントの真上には橋がかかっており、この橋から真下のプールを覗きこむと、絶えず2~3匹のアマゴがライズを繰り返している。



しかし、このアマゴ達を釣り上げるのは意外に難しい。
この橋の脇は入渓地点となってて、当然、このポイントはフライマンの他、餌釣り、ルアーマン達が大勢出入りしており、そのみんなが必ず竿を出している。
魚はスレてて、人影や気配を感じると、ライズを止めて深場に逃げ込みます。
また、一見すると緩い流れなのですが、幾筋にも流れが分かれており複雑に入り組んでいて、ドラッグに悩まされます。

このポイントを攻略するには、先ずは入渓前に橋の上から、魚の定位している場所を確認。魚に気づかれないように静かにストーキングしながら、徐々にプールに近づかなければならない。
極力、距離を空けた位置から、ロングキャスト、リーチをかけて、ドラッグを回避。
これがきちんと決まると、ようやくアマゴ達は口を使ってくれる…

ここのライズが確実に取れるようになれれば、一級のフライフィッシャーと言えるでしょう!

もし、このブログをご覧になっている皆さんの中で、このアマゴのライズフィッシングに興味をお持ちになった人がいらっしゃるならば、
ぜひとも挑戦してみてください!
[PR]
by nffshs | 2012-01-20 14:26 | フライフィッシング
<< 新潟県で釣れるアマゴの存在…その2 長良川遠征に向けて…その2 >>