excitemusic

新潟県の渓流釣り場を中心とした、フライフィッシング釣行記を紹介します。
by nffshs
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
草津師匠 返信遅れ..
by nffshs at 21:29
デッドさん、無斑に見える..
by 草津の関西人 at 22:16
どんまいアングラーさん ..
by nffshs at 23:33
まさに桃源郷ですね(^_..
by どんまいアングラー at 22:54
会長 確かに下越で..
by nffshs at 00:05
1号さん、jaroさん ..
by nffshs at 00:01
imoziさん こ..
by nffshs at 23:52
この景色、魚体、、、、栃..
by jaro at 13:08
こっちのアメマスorニッ..
by nffsjj at 23:26
↑1合・・・1号の間違い..
by 1号 at 21:43
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
今季初の富山遠征
at 2017-08-16 09:37
2017シーズン途中経過
at 2017-08-09 22:41
2016シーズン途中経過
at 2016-06-25 22:34
2015シーズンを振り返って
at 2015-10-03 17:38
2年ぶりの蒲田川
at 2015-03-20 00:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


新潟のニンフフィッシング…その4

ニンフフィッシングにはどんなタックル&システムが必要か?

これは本格的にニンフフィッシングを行う際、とても重要な部分。

先ずはロッド。

“今日は徹底的にニンフをやるぞ!”なんて時は#4ロッドを使います。
先にも書きましたが、やはり、しっかりと沈めることを考えると、それなりの重さのショットとフライを使わなければなりません。また、それに伴い、大きめのインジケーターが必要となります。即ち#3ロッドでは非力です。国産だったら#4~#5、パワーのある外国製でしたら#4ぐらいがちょうど良いぐらいかな。





僕が使っているのは、スコットG884/3。
これは、ニンフの達人で僕の師匠の故パーマーク若林社長も愛用していた竿で、本当に優れたロッド。
重いニンフを背負ってもブレることなく、スムーズな取り回しが可能。

ラインは基本的にドライと変わらなくフローティングラインWFの#4

つづく
[PR]
by nffshs | 2011-12-03 23:55
<< 新潟のニンフフィッシング…その5 新潟のニンフフィッシング…その3 >>